注目のコスプレ関連のビジネスリリースを俯瞰!

ファストファッション(低価格衣料品)が世の中の主流となり、製造拠点を中国等の海外に移転するケースが多いファッション・アパレル業界は、人口の減少もあって、日本国内では「衰退産業」と評価されることが多い。しかし、「コスプレ衣装」関連サービスだけは、様々なイベント、ニュースに事欠くことが無く、様々なビジネスモデルも生まれつつある。
そこで、Xビジネスリサーチチームでは、過去半年間程度でリリースされた「コスプレ」に絡んだ商品・サービス、イベントのリリース状況をまとめた。(尚、各社・団体のリリース、商品・サービス情報については公表された情報を元に、Xビジネスリサーチチームが独自に編集しております)

㈱スペースマーケット 2017年3月26日発信

お寺から野球場、結婚式場、古民家、お化け屋敷まで、ユニークなスペースを簡単にネットで1時間単位から貸し借り出来るWebプラットフォーム「スペースマーケット」事業を展開する㈱スペースマーケット(本社、東京都新宿区)は、地方自治体と観光DMOとの連携による地域活性化イベント「島原コスプレの乱」(主催:島原市)を3月26日に開催した。イベントへの後援は、日本のポップカルチャーコンテンツを配信するTokyo Otaku Mode (https://otakumode.com/)がおこなった。
本イベントの開催を記念した島原市と「スペースマーケット」のタイアップ企画「島原城でグランピング体験プレゼント」は非常に大きな反響を呼び、多数の応募者が出た。

㈱任天堂 2017年2月24日配信

家庭用ゲーム機器、ソフトウェアの開発、製造、販売の最大手、㈱任天堂(本社、京都市)は、2月24日、㈱マリカー(本社、品川区)およびその代表取締役に対して、不正競争行為および著作権侵害行為の差止等および上記行為から生じた損害の賠償を被告らに対して求める訴訟を東京地方裁判所に提起した。
同社は、公道カートのレンタルサービスを提供するにあたって、レースゲームのシリーズとして広く知られる「マリオカート」の略称である「マリカー」という標章をその会社名として用い、さらに、公道カートをその顧客にレンタルする際に同社の「マリオ」等の著名なキャラクターのコスチュームを貸与等した上、そのコスチュームが写った画像や映像を当社の許諾を得ることなく宣伝・営業に利用するなどが、不正競争行為および著作権侵害行為に該当すると主張している。
「マリオ」のコスプレで、公道を「マリカー」で走ることを、会社のサービスとして運営していることが問題視されている。

㈱ステイト・オブ・マインド 2017年2月22日発信

縫製職人と消費者をマッチングするサイト「nuttte(ヌッテ)」を運営する㈱ステイト・オブ・マインド(本社:東京都渋谷区)は、アクセルマーク㈱(本社:東京都中野区)と共同で、公式ライセンスを取得したキャラクターの衣装を受注製作・販売するサービス「coscrea(コスクレア)」を2017年2月22日より開始した。第1弾はスマートフォンゲーム5タイトルの人気キャラクター(「オルタンシア」「オルタナティブガールズ」「幻塔戦記グリフォン」「World Cross Saga」)の衣装販売から開始している。
「coscrea(コスクレア)」は「コスプレ(cosplay)+創造(Creation)する=COSCREA(コスクレア)」という造語である。
公式ライセンスを取得したゲームキャラクターの衣装を受注製作・販売サイトhttp://coscrea.shop/では、縫製サービスnutte(ヌッテ)が認めた高いスキルを有する縫製職人のみが衣装製作を担当。権利元企業の監修を受け許諾を得た衣装のみを販売してゆく。今後はゲームだけでなく、アニメやコミックのキャラクター衣装も順次展開予定である。
㈱ステイト・オブ・マインドは「あなただけの縫製工場」として、1000人以上の縫製職人を登録し、洋服はもちろん雑貨類やリメイクでもたった1点からオーダーできるサービスを提供するビジネスモデルで、2015年2月の創業以降、順調に業績を拡大、昨今ではコスプレ衣装での受注も増えている。
同社に寄せられたユーザーからのオーダーとして、例えば「魔女服」があり、「童話や物語、アニメ、漫画等に出てくる様なそのまんまなイメージの魔女の服。真っ黒なローブであり、引きずるようにその裾は長く、袖口も大きくだらんとした形。ベルセルクというコミックに出てくるシールケという魔女の服が近しい。素材はこだわり山羊革(黒)での作成。帽子の素材は相談に乗っていただきたいです。」・・・というような、具体的、かつ特殊なオーダーに対応して職人を募集し、受注生産することを得意としている。

GAMATCH(ガマッチ)㈱ 2016年12月15日発信

スマホゲーマー向けSNS「ガマッチ」などの開発・提供を手がけるGAMATCH(ガマッチ)㈱(本社:千代田区)は、スマホゲーム「ポケモンGO」などをプレイするコスプレイヤー勇崎(ゆうざき)まりるとカジュアルプロゲーマー契約を2016年12月15日に締結した。
カジュアルプロゲーマー契約とは、人気のカジュアルスマートフォンゲームをプレイするゲーマーに対し就業規則にとらわれず固定給を支払う、同社独自の就労形態。
勇崎まりるは、京都府出身のポケモンを愛してやまないコスプレイヤー。「いろんなコスで いろんな場所へ」をモットーに、コスプレしながら全国各地で「ポケモンGO」をプレイしている。
Twitterアカウント: https://twitter.com/poketmariru
ガマッチID    : https://www.gamatch.lol/user/3110

㈱シティコミュニケーション 2016年12月29日発信

グループでパチンコ、サウナ・カプセルホテル、インターネットカフェ、アニソンカラオケカフェ、ボードゲームカフェ等の総合エンタテインメント事業を展開する㈱シティコミュニケーション(本社:横浜市)は、横浜市初のお酒を飲みながらエアガンやコスプレも楽しめるお店「Shooting Bar GET@City(シューティング バー ゲット アット シティ)」が2017年1月22日にオープン1周年を迎えるにあたり、年始の「撃ち初め」にふさわしい各種スペシャルイベントを開催した。

「飲み撃ち放題~一周年記念特別価格~」
サービス料金:3,000円(1周年記念特別価格/通常4,500円)
内容:飲み放題・撃ち放題!お好きなドリンク、お好きなガンが撃ち放題!

これに加えて、正月にはハズレなしの「くじ引き」サービスを実施、熊を模倣した的を狙う「マタギイベント」を開催、熊をヒットさせ、見事マタギとして認定された方に、「いくらの醤油付けBB弾」をプレゼントした。
尚、「Shooting Bar GET@City」コスプレをした状態でエアガンを打ったり、お酒を飲む事に加え、店内やレンジをコスプレ撮影用に開放するイベントを不定期に開催し、人気を集めている。
更に、同店舗に併設している併設している「すた~ず@City」は、横浜初のアニソンカフェとなっており、コスプレをしたスタッフ達が出迎え、コスプレ入店を可としており、周りを気にせず時間の許す限り一緒に「アニソン」や「オタ芸」を楽しむ事ができる空間となっている。

㈱ヒッピーズ 2016年11月26日発信

V系(ヴィジュアル系)、ゴスロリ、パンクなどの華やかで幻想的な音楽ファッションを提供する株式会社ヒッピーズ(本社:静岡市)は、2016年11月26日~27日、東京体育館にて開催される「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016」に参加、「Monster Party バンギャ コスプレ撮影会」を実施した。
実際に洋服を着るだけではなく、メイクブースを用意。スタッフが洋服に合わせたメイクを行った。「ライブステージに上がったバンドマンや歌姫の気分」で写真撮影をおこなった。