スマホゲームの市場構造

スマホゲームの収益構造は、基本プレイ無料とアイテム課金である。アイテムとはユーザーがゲームを進行してゆく上で、プレイを有利に展開したり、進行のスピードを速めたりすることができるツールのことである。例えば、消費した体力を回復するためのアイテム、登場する強いキャラクターとのバトルを有利に進めてゆくためのアイテム等、様々な種類のものが用意されている。課金アイテムは1アイテム数百円程度である。

ゲームダウンロード時に、一定の金額が発生する有料アプリゲームも存在する。はじめに費用を負担すれば、基本的には途中でアイテムなど有料課金するケースはほとんどない。1コンテンツ1,000~2,000 円程度で提供されていることが多い。

 

スマホゲームの比較

主なスマートフォンゲームを弊社の解析手法(X ビジネスエンジン)を用いて分析(調査期間は2018 年6~8 月の3 ヶ月間)した。

検索と口コミの総量である「熱量」(バブルの大きさ)では、「モスターストライク」(ミクシィ)が最大となった。一方、「温度」(=情報の拡散度合い)のスコアは最も低く、あまり情報拡散されていないタイトルであることが示された。また、「魅力度」(=メディアに左右されず自主的に反響しているユーザーの度合い)も平均以下となり、メディア露出の多さに比べて、個々の自発的な反響度は少ないことが示され、同解析では「消極的選択」(旧 課題ゾーン)ゾーンに位置する結果となった。
また、同じく「熱量」の高い「Pokémon GO」(ナイアンテック)や「パズル&ドラゴンズ」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)においても「消極的選択」ゾーンに位置し、メディア露出などネット上の反響は大きいものの、ユーザー個々の二次拡散がされにくいコンテンツであると推察される。
「魅力度」軸ではドラゴンボールZ ドッカンバトル(バンダイナムコエンターテインメント)が、「温度」軸ではバンドリ! ガールズバンドパーティ!(クラフトエッグ)が最も高いスコアを示した。両ブランドとも「熱量」は小さく、ネット上の反響は少ないが、個々人の自発的な支持が高く、メディアに左右されない情報拡散力があると思われる。

 

スマホゲームのXランキング

1位 荒野行動-スマホ版バトロワ
2位 グランブルーファンタジー
3位 Fate/Grand order
4位以降のランキング結果

 

1位 荒野行動-スマホ版バトロワ


2位 グランブルーファンタジー


3位 Fate/Grand order