紅白歌合戦:ネットの関心は圧倒的に紅組に集まる

NHKが11月16日に発表した、第68回紅白歌合戦の出場歌手46組。 初出場は「Hey! Say! JUMP」、今年日本デビューしたK-POPグループ「TWICE」、デビュー30年目のロックバンド「エレファントカシマシ」など10組である。

年末の風物詩と言われる紅白歌合戦だが、視聴者が見るのは「目当ての歌手が歌っている場面」であり、チャンネルを1に固定したまま大晦日を過ごす、と言う家庭はもはや少数派だろう。

引退を発表した安室奈美恵や活動再開した小沢健二、朝ドラの主題歌が話題となった桑田佳祐が出ないなど、目玉不足との意見はあるにせよ、今年の紅白歌合戦の魅力を決定づける出場歌手46組の注目度を「Xビジネスエンジン」で分析し、ランキングを作成した。

番組を構成する要素として紅白の両組対抗形をとることを踏まえ、バブルチャートを紅組、白組の合計値で作成したところ、視聴者の指示は圧倒的に紅組に集まっていることが確認できた。

調査要綱

調査対象:2017年12月時点における紅白歌合戦の出場歌手46組
集計期間:2017年1月1日〜2017年12月10日(11ヶ月と10日)
調査手法:Xビジネスエンジン(弊社開発ツール)によるクラウドサーベイ

※ 調査完了後に紅白出場を発表した安室奈美恵、桑田佳祐は集計対象になっていない

 

2年連続出場歌手の熱量比較(上位10組)

去年に続いて今年も出場する歌手32組について、注目度の規模を示す熱量を比較したところ、昨年よりスコアアップしたのはわずか5組であり、27組は昨年対比でマイナスという結果になった。

歌手 2016年 2017年 前年比
乃木坂46 5,701,219 6,727,297 1,026,078
AKB48 6,662,562 5,911,059 -751,503
欅坂46 2,372,830 4,102,795 1,729,965
星野源 1,562,497 2,257,809 695,312
関ジャニ∞ 1,139,160 1,054,419 -84,741
TOKIO 1,048,037 837,926 -210,111
Perfume 1,256,723 830,825 -425,898
福山雅治 1,129,508 810,697 -318,811
Sexy Zone 614,929 573,807 -41,122
西野カナ 788,910 556,169 -232,741

 

紅白歌合戦:出場歌手別Xランキング

1位 欅坂46(出場回数:2回)
2位 乃木坂46(出場回数:3回)
3位 TWICE(初出場)
4位以降のランキング結果

 

1位 欅坂46(出場回数:2回)

※出典:Amazon

欅坂46は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2015年8月21日に誕生した。 欅坂46はAKB48と乃木坂46の歴史の潮流から誕生した。欅坂46は乃木坂46の関連グループに属し、坂道シリーズ第2弾として、乃木坂46のロゴマークを踏襲しつつも、「欅坂46(通称:漢字欅)」と「けやき坂46(通称 : ひらがなけやき)」の2グループ制をしき、乃木坂46と異なる坂道シリーズを掲げている。

(Wikipediaより引用)

 

2位 乃木坂46(出場回数:3回)

※出典:Amazon

乃木坂46は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2011年8月21日に誕生した。グループ名・乃木坂46の「乃木坂」は、レーベル会社のソニー・ミュージックエンタテインメント (SME) が所有する東京都港区赤坂の「SME乃木坂ビル」を由来とする。

(Wikipediaより引用)

 

3位 TWICE(初出場)

※出典:Amazon

TWICEは、韓国のガールズグループ。グループ名のTWICEには、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。公式ファンクラブ名及び、ファンの総称を『ONCE』と呼ぶ。公式色は Apricot & Neon Magenta。「SIXTEEN」という韓国のサバイバル形式オーディション番組を経て結成された。

(Wikipediaより引用)