~日本国内で最も早くFacebook上のマッチングサービスを設立~

株式会社ネットマーケティングは2004年7月に設立され、当初は、アフィリエイトを中心とした広告事業を展開する事業者であった。

2012年2月に国内初のFacebookをベースとしたマッチングサービス「Omiai」(Facebookアプリ)の提供を開始している。

オンラインマッチングサービスとして、参入後、国内最大級の利用者を獲得していった、同社のビジネスモデルと成功要因を解説してゆく。

 

サービスコンテンツ

株式会社ネットマーケティングのオンラインマッチングサービス「Omiai」の概要・特長は以下の通りである。

  • SNSのFacebook上で提供されるマッチングサービス。
  • 居住地、年齢、職業、年収、学歴、身長、趣味など30を超える条件から自分の理想の相手を検索し、いい相手には「いいね!」を送り、「ありがとうよろしくネ!」が届くとマッチングが成立し、メッセージ交換ができる仕組み。
  • 毎月無料で一定数の「いいね!」が付与され、マッチングされるまでは無料というサービス。
  • マッチング成立後は、アプリ内課金による月額サービスとなり、メッセージのやり取りが可能となる。
  • 男性だけに課金するサービスが業界には多いが、男女ともに同額の課金サービスとなっている。
  • 相手に対して匿名で利用できるとともに、実際に会う前にはFacebookのプロフィール交換でお互いを良く知ることも可脳。
  • 有料会員費は月額4,800円~。「いいね!」を追加で送ることのできるオプションは、ポイントを購入する仕組みになっており、10ptで1400円~となっている。
  • 登録資格が18才以上の独身。免許証、保険証、パスポート等による年齢確認が必要。
  • 不正利用者の排除のため、24時間365日の監視体制を敷いている。
  • 会員情報はカスタマーサポートにより「目視」でチェックし、不正ユーザーの排除、トラブル会員に対しては「イエローカード」を発行する等、対策を充実化している。

 

ビジネスターゲット

24~37歳の未婚男女が会員の大半を占める。会員ベースの男女比では男性6:女性4の比率となっている。

アクティブユーザー率は25%程度となっている。

 

事業戦略 / Xビジネス ポイント

同社のマッチングサービス「Omiai」の差別化要素としてあげられているのは、業界のパイオニアである点が、まずある。

類似したビジネスモデルが続発しやすい環境下の市場では、先行者のモデルが、ブランド力と集客力を持ち得る。実際に先行した同社のサービスは国内最大規模のマッチングサービスに成長している。

また、先駆者であるがゆえに、どのようなサービス、テクノロジーが次のステップで必要となるのか、ということを認知することへの取組みも早く、新たなアイデアを実現する精鋭エンジニアを配置していることも強みとなっている。

プロモーションとしては、これまで、アフィリエイトや純広告が主であったが、昨今では様々な恋愛関連調査データをメディアに提供することで、露出、認知度を強化する等、プロモーションの多様化を進めている。

トラブルの未然防止についても、これまでの業務上の経験の蓄積から、ブロック機能、違反報告機能等を進化させている。

更に、自民党議員で構成されている婚活・街コン推進議員連盟が主催する「結婚・婚活応援プロジェクト」の中で、「出会い」を創出ベンダーとして参画しており、パブリックな分野での寄与も強化している。

 

株式会社ネットマーケティング 基本情報

企業概要:

所在地:〒107-0062東京都渋谷区恵比寿1-20-18 三富ビル新館10F

設立: 2004年7月

資本金:3億6600万円

代表者:宮本 邦久

従業員数:122人(2017年6月現在)

事業内容:アフィリエイト広告事業、 Facebook を活用したマッチングサービス「Omiai」の運例

 

業績推移:

  売上高(百万円) 前期比(%)
2014年6月期 6,619 141.1
2015年6月期 8,523 128.8
2016年6月期 8,824 103.5

 

  推定登録顧客数(万人) 前期比(%)
2014年6月期 70
2015年6月期 100 143.0
2016年6月期 150 150.0

 

URL:
http://www.net-marketing.co.jp/