株式会社オリエント工業
『世界最高水準のラブドールメーカー』

どんな「Xビジネス」

こだわりの等身大ラブドールの製造、販売。性欲処理に留まらない、人の心の支えになる精巧な「ラブドール」を作り続けている。

事業者・組織概要

本社所在地
110-0005 東京都台東区上野5-23-11 スグルビル3F
代表者
土屋日出夫
設立
1977年
資本金
 
従業員数
 
電話番号
03-3832-4832
URL
www.orient-doll.com/
概要
ラブドールの製造、販売。ショールームの運営。
備考
 

「Xビジネス」の概要

 オリエント工業は、1977年に、特殊ボディーメーカーとして東京・上野に創業した。

 創業当時より、性処理だけが目的の単なる「ダッチワイフ」ではなく、常にかたわらに寄り添って心を和ませてくれるような、「心の安らぎ」を得られる女性像の開発を目指し、人と相対し関わり合いを持つことができる「ラブドール」を創っている。

 創業時第一号製品の「微笑(ほほえみ)」に始まり、尊い人を亡くした人の手記を元に命名したという「面影(おもかげ)」、面影を改良した「影身(かげみ)」「影華(えいか)」等次々と新シリーズ製品を開発し、そのたびに飛躍的な製品技術の向上を成し遂げている。

 2008年にリリースした、「ANGE(アンジェ)」は、日本人女性の平均身長157cmサイズ、バランスがとれたボディラインと肌の色、造形の細部までリアリティを追求した、リアルラブドールで、骨格に「タイタンフレーム」を導入。顧客の理想により近づけるよう、バストサイズが大・小からの選択方式となり、リアルなアンダーへア植毛のオプションも設けられた。

 2013年にリリースした、「やすらぎ」は、肉感的なボディを持つモデルから直接型取りした、指先などの細部に至るまでこだわったリアルな造形が特徴で、頭部は最新の3Dスキャニング技術とライフマスクを基に創りだした、息づかいをも感じさせる究極のリアルラブドールとなっている。

ビジネスモデル/サービス

主力商品 やすらぎ  ビジネスとしては、高級商品(ラブドール)の製造、および直販である。販売代理店等は無く、全て直接注文を顧客から受け取り、製造し、届ける、というビジネスである。
 同社の主力商品「やすらぎ」シリーズは、小売価格が675,000円(税別)であり、アンダーヘアの植毛等のオプションを付けると更に高額になる。高額かつ極めてパーソナルな商品のため、同社では、完全個別予約制のショールーム(予上野)が設置されており、顧客に対して、詳しく要望を聞き取りながら、安らぎを与えるラブドールを販売している。
 プライバシー保護の徹底、アフターサービス(修理・引き取り)の充実、オプションサービスの提供(植毛、胸サイズの交換他)を徹底している点も、高級製品を直接販売ビジネスと同じフレームが使われている。

なぜ「Xビジネス」

ラブドールという最もパーソナルな商品に、最高で秀逸(=eXcellent)な技術が結集されている。日本が誇るべき世界最高水準の技術、ユーザー心理を十全に理解した製品開発の基本精神は、製造業の鏡と言える。

「Xビジネス」度数

魅力 : 5
性欲を満たすだけでなく、心を満たす等身大ドールの魅力は、測りしえない。
熱 : 5
製品づくりへの圧倒的なこだわり、熱量が半端ない。
尖り・ぶっ飛び度 : 2
誠実な販売態度を守っており、尖ったり、ぶっ飛んだりという姿勢は見られない。
匠・技 : 6
圧倒的リアリティ、質感の追求は、まさに匠である。
面白さ : 3
製品開発の背景に、物語が込められている点がユニークである。単なるドールではなく、人格をも持ち得ている。
エックスビジネス インサイトとは

関連資料:

2020 クールジャパンマーケット/オタク市場の徹底研究
https://www.yano.co.jp/market_reports/C62108100

関連リンク:

オリエント工業
https://www.orient-doll.com/