劇場版アニメコンテンツのブランドパワーを分析・評価!
アニメ制作市場トレンド、市場規模の解説、および、主要参入企業の動向を解説!

レポート掲載内容

【アニメ市場の全体概況】

  • 市場の定義
  • 市場構造
  • アニメ市場規模推移(2014年度~2018年度)
  • 主要事業者動向(アニプレックス/東映アニメーション/IGポート/京都アニメーション/ドワンゴ/エー・ティー・エックス/アニメイト)
  • 主要劇場版アニメ(2018年7~9月公開)のブランドパワー比較 by 「Xビジネスエンジン」(※)

※「Xビジネスエンジン」についてはこちら
主要12作品の「魅力度」「温度」「熱量」を解説
墨天に笑う/僕のヒーローアカデミア/君の膵臓をたべたい/夏目友人帳/七つの大罪/未来のミライ/ポケットモンスター/ドライブヘッド/のんのんびより/ペンギン・ハイウェイ/誌季織々/若おかみは小学生

 

【主要事業者詳細個票】

  • 株式会社IGポート
  • 株式会社アニプレックス
  • 株式会社アニメイト
  • 株式会社エー・ティー・エックス
  • 株式会社京都アニメーション
  • 株式会社ドワンゴ
  • 東映アニメーション株式会社

業績推移/事業概要/事業体制/事業戦略/市場への見解

 

【事業者データ掲載企業】

  • 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン
  • HJホールディングス株式会社
  • 株式会社ガイナックス
  • 株式会社GyaO
  • 株式会社ゴンゾ
  • 株式会社サンライズ
  • 株式会社シャフト
  • 株式会社創通
  • 株式会社ドコモ・アニメストア
  • 株式会社トムス・エンタテインメント
  • 株式会社バンダイナムコライツマーケティング
  • バンダイナムコアーツ株式会社
  • 株式会社バンプレスト
  • 株式会社ぴえろ
  • 株式会社U-NEXT

 

商品情報

発刊日:2018年12月10日
資料コード:R60201401
調査期間:2018年2月~10月
体裁:A4判 65ページ/PDFダウンロードによる販売
本書価格:10,000円(税別)