新登場 不定期連載コラム:

 

 

昨今、人手不足からか、住宅街にあるファミレスが24時間営業でなくなってきて困る。午前2時閉店とか・・困る。

私は、深夜にファミレス(特にサイゼリヤ)に行くことを、半ば習慣化している。夜、寝つきが悪い時、なんか小腹が減った時・・というより、なんか色々考えたいとき、難しい本を読むとき、趣味のドイツ語を勉強するとき・・(なんか、自分の家だと嫌なので)。

100円のワインを飲んだり、チョリソー食べたり・・しているが、意識としては、食事ではなく、考えごとをしている。ただただ、考えごと。別に、人生に悩んでいる訳ではないが・・。それより、なぜ、みんな、ネットバンキングとか、LINEとか、嬉々として使っているのだろう?全部、個人情報吸い取られているけど(という気がするけど)、怖くないのかな?ということを考えたりしている。

 

 

家族が寝静まった頃に(ちなみに私は独身ではない)、すっと寝床を抜け出し、サイゼの明るいテーブルに着き、気分が普通であれば100円ワインにチョリソー、週末であれば、100円ワインにミラノ風ドリア、更にドリンクバーで粘る(ちゃんと寝なくて良いので)。

そして、明け方4時頃、また自分の寝床に戻る・・。家族は気付かない(恐らく関心が無い)。何気ない一日の中、刑務所を脱獄したかのような高揚感(脱獄したことないけど)を感じる。

そんな、非日常を楽しんでいた私は、昨今、うちの近所のサイゼが午前2時閉店になったので困っている。だって、子供が深夜まで起きているので、抜け出したころにはサイゼが閉まっているのだ。困った・・。

(松島 勝人)

 

関連資料:

おひとりさま市場総覧 2019
https://www.yano.co.jp/market_reports/C6012390

 

関連リンク:

独りとひとりは違うのです -おひとりさま市場総覧 2019-
https://xbusiness.jp/xbusiness/solobusiness-2019

サイゼリヤ
https://www.saizeriya.co.jp/