「おひとりさま」- この言葉から何が思い浮かぶだろうか。ぼっち?ひとり上手?出会い系? いろいろな定義があると思うが、この度その「いろいろ」を「市場」として網羅した資料が矢野経済研究所より刊行された。ここではその資料の正体に迫ってみたい。

 

  1. 「おひとりさま」向けビジネスで取りこぼしてはいけないのがこれ!
  2. 「おひとりさま市場」調査のポイントはこの3つ!
  3. やはり。案外。おひとりさま消費者の「生々しい回答」
  4. だから、「おひとりさま市場総覧 2019」

 

1. 「おひとりさま」向けビジネスで取りこぼしてはいけないのがこれ!

平成から新元号に変わる2019年現在。単独(一人暮らし)世帯や未婚者・非婚者が増加している。そしてライフスタイルや趣味嗜好も多様化し、行動・消費がますます単独化している。つまり、ありとあらゆる消費活動が「おひとりさま」化しているといっても過言ではない。「ひとり焼肉」など最早めずらしくもない。某夢の国への「ひとりパークイン」も、「好きなアトラクションを好きなだけ(←これが重要らしい)回れる」と意に介していない。さらに「ひとりウェディング(フォト)」なども、血迷ったわけではなく「余命わずかな父のために今のうちに花嫁姿を見せてあげたい」という切実な理由から、「コスプレ♪」という理由まで、サービス提供者はその要望に幅広く対応しているのだ。
人口減少とともに様々な市場は縮小傾向にある。そしてライフスタイルや趣味嗜好の多様化によって、既存のサービスの「セオリー」が通じなくなっている。昔の「タバコとくればライターと灰皿」のように、要望はひとつだけではないのである。つまりサービス提供者側も「減少していくパイの多様な関連ニーズを取りこぼさないように」変化を求められているのである。この重要と供給の絡み合った変化が「おひとりさま」の市場を生み出しているのだ。
そのような環境のもと、この調査レポート「おひとりさま市場総覧 2019」では、様々な産業・業種における「ひとり(一人、独り)」を対象とした市場の動向を調査・分析し、幅広い業界の「おひとりさま」を対象としたビジネスの現状把握と将来性をまとめているのである。

 


2. 「おひとりさま市場」調査のポイントはこの3つ!

◆「おひとりさま」市場16分野の市場動向・ポテンシャル等を調査

「お一人さま」「お独りさま」「セルフサービス」の各分野、計16市場のおひとりさま市場について、業界構造・市場規模推移・おひとりさま率・主要企業の取り組み・業界トピックス・今後の展望などを解説!

 

◆独自解析「Xビジネスエンジン」によるブランド分析を4テーマで実施

矢野経済研究所が保有する産業別市場データと独自の商品・サービス・ブランド計測システムを元に、おひとりさまに関連するブランドを「熱量」「魅力度」「温度」という観点から視覚的に分析!

 

  1. ホテル市場:カプセルホテルチェーンの比較
  2. 外食市場:ファストフード系外食チェーンのブランド比較
  3. 外食市場:カフェ・喫茶チェーンのブランド比較
  4. 外食市場:立ち食い・立ち飲み飲食チェーンの比較

 

◆「おひとりさま」の消費行動をインターネットモニター調査で明らかに

20代~60代を対象に「おひとりさま」のイメージ、性格・特徴、生活スタイル、趣味・嗜好、セルフ志向などを調査!

  • 16分野で「おひとりさま」の出現率を抽出、うち15分野の消費動向を調査
  • おひとりさまの評価ランキング(8分野)
    「ファストフード系チェーン店」「カフェ・喫茶チェーン店」「ファミリーレストラン」等

 


3. やはり。案外。おひとりさま消費者の「生々しい回答」

今回の発刊にあたり、Xビジネス開発室では「おひとりさま」に関する消費者アンケートを実施した。そこには消費者の、予想された、そして意外な、「生々しい回答」が寄せられてきたのである。。

 

Ⅰ. 「おひとりさま」関連の用語に対するイメージ(10ワード)

<関連用語>:おひとりさま/ひとり○○/シングル消費/ぼっち/ソロ活/  婚活/終活/おこなしさま/自分探し/自分磨き

 

Ⅱ. 「おひとりさま」の性格・特徴、生活スタイル、趣味・嗜好(10項目)

<10項目>:生身の人間関係より、ネットやアニメの方が落ち着く/他人と話やスケジュールを合わせるのが苦手である/「ひとり」で過ごす時間が最も大切である/自分を「オタク」だと思う、もしくは人から「オタク」と言われたことがある/SNSによく投稿する/「集団」より「ひとり」の方が楽しい/「ひとり」で行きたい(したい)が行けない(できない)ことがたくさんある/自分が死んだらお墓には入りたくない/自分が死んだら、身内以外にも財産を寄付したい気持ちがある/ボランティアに積極的に参加したい気持ちがある

消費やサービス10項目の「無人:セルフ」志向

<消費やサービス10項目>:

買い物の支払い(レジ)/飲食店での注文/飲食店での メニュー運搬(ビュッフェ・ドリンクバー等)/ 飲食店での支払い(レジ・券売機)/服飾店・用品店・チェーンストア等での接客対応/ガソリンの給油/クリーニング(コインランドリー)/受付・入店・サービス窓口での対応/駐車場・駐輪場/ 電話オペレーター(自動音声)


Ⅲ. 「ひとり」好きの属性・消費動向(16分野)

<16分野>:旅行・ツアー/外食/買い物/映画/遊園地・テーマパーク/動物園・水族館・博物館/カラオケ/スポーツ・アウトドア/ライブ観戦(スポーツ・音楽・舞台等)/ゲーム/カフェ・喫茶/酒/ ギャンブル/性欲処理/自動車(ドライブ)/住まい・生活

  1. おひとりさま(「ひとり」好き)の評価ランキング
  2. おひとりさま向け旅行ツアーの認知度
  3. よく利用するファストフード系チェーン店
  4. よく利用する立ち食い・立ち飲みチェーン店
  5. よく利用するカフェ・喫茶チェーン店
  6. ちょい飲み利用するファミリーレストラン
  7. よく利用するカラオケチェーン店
  8. よく行うスポーツ・アウトドア
  9. よく行くライブ観戦


4. だから、「おひとりさま市場総覧 2019」

矢野経済研究所のマーケティングレポート「おひとりさま市場総覧 2019」について、改めてその概要を紹介する。

調査目的:

単独(一人暮らし)世帯や未婚者・非婚者の増加、ライフスタイルや趣味嗜好の多様化、女性の社会進出の進展などを背景に、行動・消費が単独化している環境下、様々な産業・業種における「ひとり(一人、独り)」を対象とした市場の動向を調査・分析することにより、幅広い業界の「おひとりさま」を対象としたビジネスの現状把握と今後の展望を把握することを目的とする。

 

調査対象:

矢野経済研究所で定義した「おひとりさま」に関連する16分野と関連する事業者および業界団体。
対象分野は「外食」「中食」「賃貸住宅」「旅行」「ホテル・旅館」「カラオケ」「遊園地・テーマパーク」「フットサル」「婚活」「終活」「フィギュア」「ジグソーパズル」「セルフ給油」「コインランドリー」「セルフレジ」「セルフプレジャー」としている。

 

調査方法:

事業者への面接取材、アンケート調査、電話調査、弊社独自の資料等により調査を実施

 

調査期間:

2019年1月~2019年3月

 

全産業の市場を「おひとりさま」というキーワードで「串」を通し、いままで不明瞭であった、だが確実に存在している「おひとりさま市場」について網羅している。「おひとりさま」のキーワードのもと関連属性を網羅しているこの資料は、既存事業の方向性の見直しや、新規事業の市場動向、事業の提携やコラボレーションについて頭を悩ませる担当者の光明になると確信している。Xビジネス開発室が総力を挙げて取材・調査した当マーケティングレポートをぜひご覧いただきたい。

 

該当資料:

「おひとりさま市場総覧 2019」
https://www.yano.co.jp/market_reports/C60123900

 

関連記事:

焼肉からパッケージツアーまで!お一人様ビジネス(1)
https://xbusiness.jp/xbusiness/research/solobusiness-1

焼肉からパッケージツアーまで!お一人様ビジネス(2)
https://xbusiness.jp/xbusiness/research/solobusiness-2

焼肉からパッケージツアーまで!お一人様ビジネス(3)
https://xbusiness.jp/xbusiness/research/solobusiness-3

焼肉からパッケージツアーまで!お一人様ビジネス(4)
https://xbusiness.jp/xbusiness/research/solobusiness-4

「お一人様ビジネス」の先にあるもの (1)
https://xbusiness.jp/xbusiness/research/solobusiness-5

「お一人様ビジネス」の先にあるもの (2)
https://xbusiness.jp/xbusiness/research/solobusiness-6

ひとりで生きる人たちのつながりを応援「ひとりとひとり」
https://xbusiness.jp/xbusiness/article/hitori-to-hitori

取材協力:
一般社団法人「ひとりとひとり」
http://hitori-to-hitori.com/